カーシェアリングとレンタカー「使うタイミング」を基軸にお得を考えよう

自家用車を廃棄し、カーシェアリングを導入しようと考えた場合、「カーシェアリング」と「レンタカー」のどちらがお得かを必ず考えると思います。

カーシェアリングとレンタカーを比較する際、どうしても金銭面ばかりに目がいってしまうかもしれませんが、車を「使うタイミング」で考えると、金銭面以上に重要なことに気がつくかもしれません。

カーシェアリングの長所は、使いたいときにだけ使えること。一度登録すればレンタカーよりも気軽に手続きが出来る場合も多いです。

最近では近場のコインパーキングでカーシェアリングが利用できる場合もあります。また、カーシェアリングのサービスによっては、キャンセル料金も直前まで無料とい企業もあり、便利さ・価格ともども、レンタカーよりもカーシェアリングのほうが勝っているように感じらます。

しかし、カーシェアリングの仕組みを考えると、気をつけなければいけないことがあります。

それはカーシェアリングの場合は、「重要なときに利用できない可能性がある」ということです。

カーシェアリングはその名の通り、車を複数の人間でシェアするサービスです。身近な場所で、短い時間から借りることの出来るカーシェアリングは、確かにレンタカーよりも自家用車に近いサービスでしょう。

しかし、その身近さはカーシェアリングを利用しているユーザーさんみんなにとってのメリットになっています。それゆえ、もし自分がカーシェアリングを利用したいと思っても「必ず車が使えるとは限らない」という問題が発生します。

というのも、あなたが利用したいと思った時に、カーシェアリングを他の人が利用している可能性があるんです。

レンタカーであれば、他の車に切り替えたり、レンタカーのメーカーを変えれば、対応できる可能性もありますが、カーシェアリングの場合はそのエリアに数車しか無い。
もしくは、1台しかない場合も多くあります。

もし、あなたが緊急時に必ず車を使いたい。お盆や年末年始など、車の需要が高い時に使いたいという場合は「カーシェアリング」が目的通りに利用出来ない可能性もあるのです。

せっかくカーシェアリングでお得にしようと思っても、目的の時に借りられなければ意味が無いのです。

カーシェアリングとレンタカーを比較する際には、金銭だけではなく、あなたが使うタイミングをしっかり検討しましょう。

しっかりと考えないと、カーシェアリングの長所が逆に短所となり、カーシェアリングを使いこなせないかもしれませんよ。

手軽にもっと使おう!カーシェアリング

カーシェアリングとは、全国各地のコインパーキングに常時駐車してある、カーシェアリング運営会社の車を、ある一定時間借りることが出来るサービスのことです。
「車を借りる」という意味では、レンタカーとカーシェアリングは大差ないように聞こえますが、カーシェアリングは、レンタカーよりも時間の指定も細かく出来る上に料金も安価、ガソリン代の支払いも不要(カーシェアリング運営会社に請求されます)なため、ちょっとした荷物運びや、終電を逃した後の帰宅手段(タクシーよりも安価!)など、レンタカーよりも手軽で便利な使い方が可能です。会社によっては月会費がかかりますが、自家用車を持つよりも圧倒的に安価です。(タイムズのカーシェアリングは、法人なら月額無料。個人なら月額有料。オリックスのカーシェアリングは個人なら月額無料プランあり)

使用方法としては、
1.カーシェアリング運営会社に会員登録し、カードを発行する
2.WEBでパスワードを登録する
3.使用を希望したい日時と、駐車場をネットで検索し、予約する。
4.予約日時に駐車場に出向き、カードを車にかざすと、ドアが開く
5.運転。返却時刻に返却する。(もし使用時間を延長する場合は、携帯かPC、または車のナビから延長申請する)
6.返却。カードをかざして閉錠する。

月ごとに、カーシェアリング運営会社からクレジットカードに請求が来る。

一方、カーシェアリングにはデメリットもあります。常時コインパーキングに置いてあるために、管理者等が常駐しておらず、前の利用者がガソリンを給油しておらずに走ってすぐにガソリン切れになったり、ゴミが放置したままになったり、傷がついていたりすることもあります。乗ろうと思っていた車が既にパンクしている…ということもあります。以前、タイムズ(カーシェアリング運営会社)でそういうケースがあった場合は、すぐに連絡を取って、別の車に振替等の処置をとります。カーシェアリング運営会社の対応は、基本的に優れているところが多いです。

事故が起こった際のカーシェアリング会社の対応は、レンタカー会社とそこまで変わりません(事故を起こしたことが無いのではっきりとは言い切れませんが、マニュアルなどを見ているとそう感じます)

また、カーシェアリングのデメリットとして、長期予約は難しく、基本的に使用は24時間以内に留められるので、遠方に何日も旅行に行ったりするときには使いにくいかもしれません。カーシェアリングは、手軽な使用を目的にしているので、そういう場合はレンタカーを使用することになるかと思います。このように、カーシェアリングの特徴は、「安価で手軽だけどほったらかし。だけどリスク管理は出来ている」と言えるかもしれません。

おすすめカーシェアリング

このページの先頭へ